スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エレキギター '95 オリジナル・ブラック
greco.jpg
いちばん弾いてるギター。
オリジナル・・・厳密にはオリジナルではなく、Greco製なんですが、ストラップピンとブリッジ以外の全てのパーツに手を加えているので、ほぼオリジナルギターです。
人生で初めて手にしたギターで、なおかつメッタメタに改造しまくってあるという・・・。
入手した段階で、フロントPUザクリにフタがしてあり、ブリッジPUはP-90という結構意味不明な仕様だったんですけどね。

以下改造箇所とスペック
ヘッド・・・削って形状変更、ヘッドトップに木目シート貼り
チューナー・・・スパーゼル・トリムロックに交換
ナット・・・リペアショップにて、カーボン製のものに交換
ネック・・・指板にステイン塗料塗布、リペアショップにて、指板アールを約200から約300に加工
フレット・・・リペアショップにて、ジェスカー・ステンレスの一番デカいやつに交換
ボディ・・・導電塗装、ピックガードを自作
ストラップ・・・自作
ピックアップ・・・
-ネック : Seymour Duncan SHR1
-ブリッジ : Dimarzio DP155F(PUカバー別途取り付け)
コントロール・・・リアボリューム(スイッチポットでネック・ブリッジPUのコイルスプリット)、フロントボリューム(スイッチポットでネックの相位切り替え)
電気系・・・全交換


弦は、エリクサー・アンチラストナノウェブのライトです。
僕が持ってるエレキギターの中で、一番軽い3.3kgです。
まぁ、重くなる要素が1つもないギターですからね・・・ネック材はメイプル/ローズ、ボディ材は、恐らくアルダーかバスウッドです。
なおかつ、一番ハイパワーなPUを選んであるギターなので、とにかくよく歪みます。暴れます。なおかつチューニングが半音下げなので、かなりバッキバキ系です。
メタルのリード、もしくはガシガシと行くタイプ・・・とにかくそうゆう音です。ESPが弾き手の感情を20%オフで出力するとしたら、コイツは20%増しで出力します。

コイルタップできるので、そうするとなかなか繊細な音に生まれ変わります。さらにハーフポジションでネックPUの相位を切り替えると、フェイズシフトサウンドが出せます。
トーンコントロールはありませんが、スイッチだけで7種類の音です。
スポンサーサイト

テーマ:ボーカロイド - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 縞猫製菓けいおん部 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。